【比較】Microsoft 365 FamilyとPersonalの違いと選び方【パーソナル/ファミリー】

【比較】Microsoft 365 PersonalとFamilyの違いと選び方

Micrsoft365は、個人や家庭・ビジネスや企業で利用できるクラウドおよびインストール対応の統合型Officeツールです。しかし、Microsoft 365 FamilyとPersonalのどちらを選ぶべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、Amazonや楽天で購入できる「Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)」と「Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)」の違いや比較、選び方について、初心者向けに分かりやすく解説致します。

目次

Microsoft 365 FamilyとPersonalの基本情報

Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)

Microsoft 365 Family 1年版|オンラインコード版

最安価格 \19,091(1年間)

楽天の最安値


・Word ・Excel ・PowerPoint
・Outlook ・Access ・Publisher
・OneNote ・Clipchamp
・OneDrive 1TB×6ユーザー

対応OS:Windows/MacOS/iOS/Android 
6ユーザー/何台でもインストール可能
1ユーザーごと同時起動5台まで

6ユーザーまで使える Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)
マイクロソフト
¥19,091 (2024/06/18 21:26時点 | Amazon調べ)

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)

Microsoft 365 Personal 1年版|オンラインコード版

最安価格 \13,545(1年間)

楽天の最安値


・Word ・Excel ・PowerPoint
・Outlook ・Access ・Publisher
・OneNote ・Clipchamp
・OneDrive 1TB

対応OS:Windows/MacOS/iOS/Android 
1ユーザー/何台でもインストール可能
同時起動5台まで

1人で使うなら Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)

Microsoft 365 Family と365 Personal の違い

Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリ-)とMicrosoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)の主な機能は同じです。

それぞれの違いは、使用できるユーザー数とそれに伴うクラウドストレージの容量。また、365 Familyにはファミリーセーフティー機能という子供のスマホ向け管理機能や家族間や社員間で利用できる共有機能が付属します。

Microsoft 365 PersonalとMicrosoft 365 Familyの比較

買い切り版Officeを含めた比較表をご参考下さい。

Microsoft 365
Family
Microsoft 365
Personal
Office 2021
Home & Business
ユーザー数1~6ユーザー1ユーザー1ユーザー
インストール台数無制限無制限2台
同時起動台数5台×最大6ユーザー
=30台
5台2台
OneDrive1TB×6ユーザー
=6TB
1TBなし
Word/Excel
PowerPoint/Outlook
Access/Publisher×
Windows/Mac
iOS/Android×
参考価格¥19,091
(1年間)
¥13,545
(1年間)
¥39,982
(買い切り)
パッケージ
イメージ

選び方のポイント

ユーザー数

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)は1ユーザーのプランなのに対し、Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリ-)は最大6ユーザーまでOfficeをインストールすることができます。

Personalに約6000円追加したFamilyは、最大6名で利用できるので大変お得です。
個人で使うならPersonal、家族や社員間など2名以上で使うならFamilyを選びましょう。

同時起動台数とインストール台数

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)とMicrosoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリ-)は、どちらも1ユーザーあたり5台同時に起動することができます。

WindowsのパソコンとMacのパソコン、iPhoneとiPadなど複数台のデバイスで同時にOfficeを利用することができ便利です。またインストール台数は無制限ですので色々な端末に設定しておくことができます。

Microsoft 365 Familyは6ユーザーで利用することができるので、最大30台の端末で利用することが可能となり大変お得です。

クラウドストレージ One Drive

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)とMicrosoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリ-)は、どちらも1ユーザーあたり1TBのクラウドストレージOneDriveを利用することができます。

OneDriveはパソコンに保存しているデータのバックアップや、PCとスマホ間・ユーザー間のファイル共有に活用できる便利な機能です。

Microsoft 365 Familyは、6ユーザーで最大6TBのクラウドストレージを利用することが可能となり大変お得です。個人の場合、1TB使えるPersonalで十分です。

利用できるOfficeアプリ

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)とMicrosoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリ-)で使える主なOfficeアプリは同じです。どちらもPCにインストールして利用することができます。

  • Microsoft Excel 最新版
  • Microsoft Word 最新版
  • Microsoft PowerPoint 最新版
  • Microsoft Outlook 最新版
  • Microsoft OneNote 最新版
  • Microsoft Access 最新版(Windowsのみ)
  • Microsoft Publisher 最新版(Windowsのみ)

価格の違い

Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリ-)は、個人プランであるMicrosoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)よりも1年間あたり6,000円程度高くなりますが、6名で利用する場合はとてもお買い得となります。個人で利用する場合はPersonalで十分です。

なお、月額払いはマイクロソフトの公式サイトのみ契約可能となり、最安で購入できるAmazonや楽天では年間支払いのみ購入可能となります。

Microsoft 365 FamilyMicrosoft 365 Personal
ユーザー数1~6ユーザー1ユーザー
年額払い¥19,091(1年間)¥13,545(1年間)
月額払い¥2,100¥1,490
パッケージ
イメージ
※価格は記事作成時となりますので、正確にはリンク先をご確認ください。

Microsoft 365 Family のみ含まれる機能

Microsoft Family Safety

Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリ-)のみに含まれる機能としてファミリーセーフティがあります。

Microsoft Family Safety

ファミリーセーフティとは、子供や家族のアカウントに対してパソコンの利用を制限する機能です。

子供のスマホやPCの利用時間を確認したり、有害なサイトのアクセスブロック・共有のメールやカレンダーを利用することが出来ます。

対象端末

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)とMicrosoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリ-)は、どちらも様々なデバイスで利用することができます。

  • Windows
  • Mac
  • タブレット(iPad、Android、Windows、Fireタブレット)
  • スマートフォン(iPhone、Android)

システム要件

  • Windows 10, Windows 11
  • iOS
  • Android
  • Mac OS Monterey 12

対象のMac

  • MacBook Air(M1、2020)
  • MacBook Air(Retinaディスプレイ、13インチ、2020)
  • MacBook Air(Retinaディスプレイ、13インチ、2018 – 2019)
  • MacBook Air(13インチ、Early 2015 – 2017)
  • MacBook Air(11インチ、Early 2015)
  • MacBook Pro(13インチ、M1、2020)
  • MacBook Pro(13インチ、2020)
  • MacBook Pro(13インチ、2016 – 2019)
  • MacBook Pro(14インチ、2023)
  • MacBook Pro(14インチ、2021)
  • MacBook Pro(16インチ、2023)
  • MacBook Pro(16インチ、2021)
  • MacBook Pro(16インチ、2019)
  • MacBook Pro(15インチ、2016 – 2019)
  • MacBook(Retinaディスプレイ、12インチ、Early 2015 – 2017)
  • iMac(24インチ、M3、2023)
  • iMac(24インチ、M1、2021)
  • iMac(Retina 4K、21.5インチ、2019)
  • iMac(Retina 4Kディスプレイ、21.5インチ、2017)
  • iMac(Retina 4Kディスプレイ、21.5インチ、Late 2015)
  • iMac(Retina 5K、27インチ、2019 – 2020)
  • iMac(Retina 5Kディスプレイ、27インチ、2017)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac Studio(2022)
  • Mac mini(M1、2020)
  • Mac mini(2018)
  • Mac mini(Late 2014)
  • Mac Pro(2019)
  • Mac Pro(Late 2013)

Microsoft 365 Personalは年間 13,545 円。Microsoft 365 Familyは年間 19,091 円ですので、家族間や社員間で利用する場合はとてもお買い得です。

まとめ

個人や家庭・中小企業向けのサブスク型Office「Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)」と「Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)」のどちらを選ぶかは、利用人数や必要となるストレージ容量、価格が影響します。

利用者が1人の場合は「Micrsoft 365 Personal」、2〜6人の場合は「Microsoft 365 Family」を選択しましょう。

Microsoft 365を利用することで、効率的な作業環境を整え、日常生活や仕事の生産性を向上させることができます。自分のニーズに合ったプランを選び、快適なデジタルライフを送りましょう。

Microsoft 365FamilyMicrosoft 365 Personal

6ユーザーまで使える Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)

マイクロソフト
¥19,091 (2024/06/18 21:26時点 | Amazon調べ)

1人で使うなら Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)

買い切り版Officeなら

Microsoft Office Home & Business 2021は一回の買い切りで、定期的なサブスクリプションの料金は不要です。

Microsoft Office Home & Business 2021を買い切り最安で購入する方法

【買い切り版】Microsoft Office Home and Business 2021

WindowsやMacでWordやExcelだけでなく、PowerPointやOutlookなどを買い切りでダウンロードするには、Microsoft Office Home and Business 2021がお買い得です。

Microsoft Office Home & Business 2021(最新 永続版)|オンラインコード版|買い切り版

最安価格 \39,982

楽天の最安値


・Word 2021     ・Excel2021
・PowerPoint 2021  ・Outlook2021
・OneNote 2021

 対応OS:Windows/MacOS 
 永続版/2台まで利用可能

目次