【2024価格】最大6人、会社でも使えるMicrosoft 365 Familyを最安で購入する方法【ファミリー】

Microsoft 365 Family 1年版|オンラインコード版

最安価格 \18,900(1年間)

楽天の最安値


・Word ・Excel ・PowerPoint
・Outlook ・Access ・Publisher
・OneNote ・Clipchamp
・OneDrive 1TB×6ユーザー

対応OS:Windows/MacOS/iOS/Android 
6ユーザー/何台でもインストール可能
1ユーザーごと同時起動5台まで

Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)は、1つ購入すれば最大6人で利用できるOfficeのサブスクリプションサービスで家庭や家族のPCだけでなく、会社や法人など仕事のPCでも使うことができます。

Word、Excel、PowerPointなどのOfficeアプリケーションを常に最新版として利用することができ、1TBのOneDriveクラウドストレージ、Skype通話60分/月、OutlookやAccessも利用できます。各ユーザーは複数のデバイスにインストール可能で、セキュリティ機能も充実しています。

1ユーザーで同時に5台のPC・Mac・タブレット、スマホで使用することが可能で、インストール台数は無制限、個人の生産性向上をサポートします。

こんな方にオススメ
  • サブクス版のOfficeを2名以上として最安価格で買いたい
  • 仕事で使うPCに最も安くOfficeを入れたい
  • Officeのサポート終了期間を気にせず利用したい
  • WindowsとMac、iPadとスマホなど複数のデバイスをまたがってOfficeを利用したい
  • 1TBのクラウドストレージでバックアップやデータ共有をしたい
サブスク版 Microsoft 365 Family を最安価格で購入
マイクロソフト
¥19,091 (2024/06/18 21:26時点 | Amazon調べ)
目次

1台あたり最安のMicrosoft 365ライセンス

「Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)」の2024年7月時点最安は、Amazonコード版 18,900円 です。

6アカウント利用可、1名あたり ¥3,150/年(¥270/月) です。
1アカウントで5台インストール可能なので、1台 ¥54/月 です。

なお、法人向けのサブスク「 Microsoft 365 Business Standard 」は「¥1,560/月」ですので¥270/月と比べるとだいぶお得です。

アプリに違いがありますが、とにかくExcel・Word・PowerPointが使えればいい!という方は「Microsoft 365 family」が圧倒的に割安です。

Microsoft 365 Family の購入方法

サブスク版Officeである「Microsoft 365 Family」には、オンラインコード版とカード版の2つの購入方法より選びます。

オンラインコード版とカード版の違い

どちらもMicrosoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー) のサービスとして、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、SharePointなど同じ最新バージョンのOfficeアプリを利用でき、1ユーザー1TBのOneDriveクラウドストレージが含まれます。

カード版はプロダクトキーが記載された製品が配送されるまで時間がかかりますが、オンラインコード版はメールで送付されるのですぐ利用できます。

価格はオンラインコード版が安価です。

オンラインコード版カード版
購入方法Amazonや楽天実店舗やネットショップ
プロダクトキー取得方法プロダクトキーが記載されたメールやWEBサイトキーが記載されたカード
ポイント購入後すぐに利用開始でき、物理的な配送を待つ必要がない店頭やWEBショップで購入でき、配送が必要

オンラインコード版

マイクロソフト
¥19,091 (2024/06/18 21:32時点 | Amazon調べ)

カード版

マイクロソフト
¥21,000 (2024/06/18 21:33時点 | Amazon調べ)

最安値の購入先

Microsoft 365 Family (マイクロソフト365ファミリー)を最安で購入する方法は、Amazonの ¥19,091円(1年間の利用料) です。

Amazonで購入すると、Amazonの管理画面でプロダクトキーなど購入情報を確認することができるので、特に忘れがちな方にはオススメです。

各ショップが販売する「Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)」の価格は次の通りです。

カード版とコード版の違い

スクロールできます
Microsoft 365 Family
(マイクロソフト365ファミリー)
価格
(税込み)
購入
Amazon
オンラインコード版
\19,091購入はこちら
Amazon
カード版
\21,000購入はこちら
楽天
オンラインコード版
\21,000購入はこちら
楽天
カード版
\21,000購入はこちら
Microsoft公式サイト\21,000
ビックカメラ.com\21,000
ジョーシンWEB\21,000
2024年6月18日時点

非公式ショップには注意

ネットで検索すると、Amazonや楽天などのネットサイトより「Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)」を安価に購入できるサイトが見当たります。購入してインストールできるケースもありますが、個人情報が悪用される危険性もありますので注意しましょう。

【マイクロソフト公式】非正規品の Office にご注意ください。

非正規品の見分け方

Office Professional Plus や Office 365 を販売している
Office Home and Student、Office 365 Home Premium を販売している
 CD-ROM や DVD-ROM などのメディアが添付されている

違法オフィスに注意

製品詳細

【サブスク版】Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)の特徴

MacBookやWindowsのPC、iPadやiPhone・AndroidなどでWordやExcelなどOfficeが必要で、仕事や家庭で最大6人で利用するなら、Microsoft 365 Family (マイクロソフト365ファミリー)が一番お得です。

含まれるソフトウェア

Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー) には、次のソフトウェアが含まれます。

アプリケーション

  • Microsoft Word 最新版
  • Microsoft Excel 最新版
  • Microsoft PowerPoint 最新版
  • Microsoft Outlook 最新版
  • Microsoft OneNote 最新版
  • Microsoft Access 最新版(Windowsのみ)
  • Microsoft Publisher 最新版(Windowsのみ)

クラウドサービス他

クラウドストレージ「OneDrive」

Microsoft 365 Familyは、クラウドストレージ「OneDrive For Business」を最大6人までそれぞれ1TB(最大6TB)利用することができます。PCの大切なデータを自動的にクラウドへバックアップしたり、ファイルをオンラインで保存することにより端末間でデータを共有・共同編集することが可能です。

インストール可能な端末と台数

Microsoft 365 Familyは、最大6つのアカウントでそれぞれ同時に5台の端末で利用することができ何台でもインストール可能です。

6ユーザー同時5台利用可能なので、1つ買えば最大30台の端末で利用することが出来ます。

対象端末

  • Windows
  • Mac
  • タブレット(iPad、Android、Windows、Fireタブレット)
  • スマートフォン(iPhone、Android)

システム要件

  • Windows 10, Windows 11
  • iOS
  • Android
  • Mac OS Monterey 12

対象のMac

  • MacBook Air(M1、2020)
  • MacBook Air(Retinaディスプレイ、13インチ、2020)
  • MacBook Air(Retinaディスプレイ、13インチ、2018 – 2019)
  • MacBook Air(13インチ、Early 2015 – 2017)
  • MacBook Air(11インチ、Early 2015)
  • MacBook Pro(13インチ、M1、2020)
  • MacBook Pro(13インチ、2020)
  • MacBook Pro(13インチ、2016 – 2019)
  • MacBook Pro(14インチ、2023)
  • MacBook Pro(14インチ、2021)
  • MacBook Pro(16インチ、2023)
  • MacBook Pro(16インチ、2021)
  • MacBook Pro(16インチ、2019)
  • MacBook Pro(15インチ、2016 – 2019)
  • MacBook(Retinaディスプレイ、12インチ、Early 2015 – 2017)
  • iMac(24インチ、M3、2023)
  • iMac(24インチ、M1、2021)
  • iMac(Retina 4K、21.5インチ、2019)
  • iMac(Retina 4Kディスプレイ、21.5インチ、2017)
  • iMac(Retina 4Kディスプレイ、21.5インチ、Late 2015)
  • iMac(Retina 5K、27インチ、2019 – 2020)
  • iMac(Retina 5Kディスプレイ、27インチ、2017)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac Studio(2022)
  • Mac mini(M1、2020)
  • Mac mini(2018)
  • Mac mini(Late 2014)
  • Mac Pro(2019)
  • Mac Pro(Late 2013)

Microsoft 365 Family のデメリット

Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー) のデメリットには、以下のような点があります。

・1年ごとに料金が発生するので買い切り型Officeに比べてコストが高くなる可能性があります。
・クラウド機能やアップデート、OneDrive へのファイルアクセスにはネット接続が必要です。
・1台のパソコンだけでいいのであれば Microsoft365Personal が安価となります。
・個人ユーザーにとっては、アプリが機能が多すぎて使いこなせない可能性があります。

Microsoft 365 Familyのデメリットを理解し、自分の利用状況やニーズに合った選択をすることが重要です。

購入後の流れ

Amazonや楽天などでMicrosoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)を購入すると、それぞれのネットショップよりメールやサイトでプロダクトキーが送付されます。確認したプロダクトキーより、ダウンロードとインストールを行います。

Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー) のダウンロードとインストール

Microsoft 365 (マイクロソフト365ファミリー)のダウンロードとインストール方法

Microsoft 365 のダウンロードとインストール方法【Personal/Family/Business/マイクロソフト365】

必要なもの

  • インターネット環境
  • WindowsかMacのパソコン
  • Microsoftアカウント(無料)
  • Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)のプロダクトキー

購入後の流れ(例:Amazon)

Amazonより届いたメール等の案内に従い、以下の手順を進みます。

参考:Office Home & Business 2021のダウンロードとインストール方法

再インストールが必要になったら

「Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)」の再インストールを行うには、Microsoftアカウントページにアクセスして、インストール時と同じように最新のプログラムをダウンロードしてインストールを行います。

ライセンス更新方法

ライセンス満了にあたり、継続してMicrosoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)を利用するにはライセンスの更新が必要となります。

「サブスクリプションの更新 Officeアプリケーションを継続して使えるように、○○年〇〇月〇〇日までに更新してください」というメッセージが表示された場合は、以下を参考に更新処理を行いましょう。

Microsoft 365 family(マイクロソフト365ファミリー)を最安でライセンス更新する方法
Microsoft 365 familyを最安でライセンス更新する方法【サブスク継続】

よくある質問

インストール台数無制限とは?

Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)は6つのアカウントで、パソコン(Windows, Mac)、タブレット(iPad、Android、Windows、Fireタブレット)、スマホへ何台でもインストール可能です。ただし、同時に利用可能な台数は5台となりますのでご注意下さい。

ダウンロード方法がよく分からない

Microsoft アカウントにログインし 、「サービス & サブスクリプション」よりダウンロードやインストール、再インストールや新たなライセンスの認証を行うことが出来ます。

古いオフィスソフトからアップグレードできないのか?

「Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)」はサブスク版ライセンスとなりますので、アップグレード価格など割引購入はできません。

プロダクトキーがすでに利用されている

「このプロダクト キーは既に使用されています」というエラーが表示された場合、Officeがすでに別のアカウントで利用されています。登録したアカウントに間違いがないか、または1回限り利用することができるMicrosoftアカウントの引き換えを利用してライセンスの移行を行います。

プロダクト キーが既に使用されている場合の対処方法

他のMicrosoft Officeがインストールされている

Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)とは別バージョンのOfficeがインストールされている場合、PCに不具合が発生する可能性がありますので旧バージョンのアンインストールを行ってください。

買い切り版Officeなら

Microsoft Office Home & Business 2021は一回の買い切りで、定期的なサブスクリプションの料金は不要です。

Microsoft Office Home & Business 2021を買い切り最安で購入する方法

【買い切り版】Microsoft Office Home and Business 2021

WindowsやMacでWordやExcelだけでなく、PowerPointやOutlookなどを買い切りでダウンロードするには、Microsoft Office Home and Business 2021がお買い得です。

Microsoft Office Home & Business 2021(最新 永続版)|オンラインコード版|買い切り版

最安価格 \39,982

楽天の最安値


・Word 2021     ・Excel2021
・PowerPoint 2021  ・Outlook2021
・OneNote 2021

 対応OS:Windows/MacOS 
 永続版/2台まで利用可能

サブスク版Officeの選び方

【マイクロソフト公式】Microsoft 365 の選び方

Microsoft 365 の選び方 を分かりやすくご紹介しています。

【マイクロソフト公式】Microsoft 365 Family のご紹介

Microsoft 365 Family を分かりやすくご紹介しています。

目次