【比較】Microsoft 365 PersonalとBusinessの違いと選び方【パーソナル/ビジネス】

【比較】Microsoft 365 PersonalとBusinessの違いと選び方【パーソナル/ビジネス】

Micrsoft365は、個人や家庭・ビジネスや企業で利用できるクラウドおよびインストール対応の統合型Officeツールです。365にいくつかプランがあり Microsoft 365 Personalと 365 Business のどちらを選ぶべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、Amazonや楽天で購入できる「Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)」と「Microsoft 365 Business(マイクロソフト365ビジネス)」の違いや比較、選び方について、初心者向けに分かりやすく解説致します。

Microsoft 365 FamilyとPersonalの違いと選び方

目次

Microsoft 365 PersonalとBusiness の基本情報

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)

Microsoft 365 Personal 1年版|オンラインコード版

最安価格 \13,545(1年間)

楽天の最安値


・Word ・Excel ・PowerPoint
・Outlook ・Access ・Publisher
・OneNote ・Clipchamp
・OneDrive 1TB

対応OS:Windows/MacOS/iOS/Android 
1ユーザー/何台でもインストール可能
同時起動5台まで

1人で使うなら Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)

Microsoft 365 Business(マイクロソフト365ビジネス)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-13.png

Microsoft 365 Business Standard 1年版|オンラインコード版

最安価格 \18,764(1年間)

楽天の最安値


・Word ・Excel ・PowerPoint
・Outlook ・Access ・Publisher
・OneNote ・Clipchamp
・OneDrive 1TB

【ビジネス機能】
・Skype for Business
・Exchange Online
・Microsoft Teams
・SharePoint

対応OS:Windows/MacOS/iOS/Android 
1ユーザー/何台でもインストール可能
同時起動5台まで

サブスク版 Microsoft 365 Business (マイクロソフト365ビジネス) を最安価格で購入

Microsoft 365 Personal と365 Business の違い

2つの製品の主な違いとしてMicrosoft 365 Business(マイクロソフト365ビジネス)は、Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)の機能に、ビジネスやコミュニケーションで利用されるクラウドツールが追加されます。

Microsoft 365 Businesには、Teams・Exchange・SharePointなどビジネスシーンでよく利用されるアプリを使うことができます。

なお、価格はMicrosoft 365 Business(マイクロソフト365ビジネス)の方が高額です。

Microsoft 365 Personal と Microsoft 365 Business の比較

買い切り版Officeを含めた比較表をご参考下さい。

Microsoft 365
Personal
Microsoft 365
Business
Office 2021
Home & Business
ユーザー数1ユーザー1ユーザー1ユーザー
インストール台数1ユーザー1ユーザー2台
同時起動台数5台5台2台
OneDrive1TB1TBなし
Word/Excel
PowerPoint/Outlook
Access/Publisher×
Windows/Mac
iOS/Android×
Microsoft Teams××
SharePoint××
Exchange Online××
参考価格¥13,545
(1年間)
¥18,576
(1年間)
¥39,982
(買い切り)
パッケージ
イメージ

選び方のポイント

ユーザー数

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)とMicrosoft 365 Business(マイクロソフト365ビジネス)は、どちらも共通して1ユーザーまで利用することができます。

家族や社員間など2名以上必要で、SharePointなどビジネスツールが不要であればMicrosoft 365 Familyが大変お得です。

Microsoft 365 FamilyとPersonalの違いと選び方

同時起動台数とインストール台数

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)とMicrosoft 365 Business(マイクロソフト365ビジネス)は、どちらも1ユーザーあたり5台同時に起動することができます。

WindowsのパソコンとMacのパソコン、iPhoneとiPadなど複数台のデバイスで同時にOfficeを利用することができ便利です。またインストール台数は無制限ですので色々な端末に設定しておくことができます。

クラウドストレージ One Drive

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)とMicrosoft 365 Business(マイクロソフト365ビジネス)は、どちらも1ユーザーあたり1TBのクラウドストレージOneDriveを利用することができます。

OneDriveはパソコンに保存しているデータのバックアップや、PCとスマホ間・ユーザー間のファイル共有に活用できる便利な機能です。

利用できるOfficeアプリ

Microsoft 365 Business(マイクロソフト365ビジネス)と Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)は、利用できるアプリに違いがあります。

Microsoft 365 BusinesはPersonalの機能に加えて、Teams・Exchange・SharePointなどビジネスシーンでよく利用されるアプリを使うことができます。

Microsoft 365 Personal

サブスク版Microsoft 365 Personal を最安で購入する方法

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル) には、次のソフトウェアが含まれます。

アプリケーション
  • Microsoft Excel 最新版
  • Microsoft Word 最新版
  • Microsoft PowerPoint 最新版
  • Microsoft Outlook 最新版
  • Microsoft OneNote 最新版
  • Microsoft Access 最新版(Windowsのみ)
  • Microsoft Publisher 最新版(Windowsのみ)

Microsoft 365 Business Standard

サブスク版Microsoft 365 Businessを最安で購入する方法

Microsoft 365 Business Standard(マイクロソフト365ビジネススタンダード) には、次のソフトウェアが含まれます。

アプリケーション
  • Microsoft Word 最新版
  • Microsoft Excel 最新版
  • Microsoft PowerPoint 最新版
  • Microsoft Outlook 最新版
  • Microsoft OneNote 最新版
  • Microsoft Access 最新版(Windowsのみ)
  • Microsoft Publisher 最新版(Windowsのみ)
クラウドサービス他
  • Teams
  • OneDrive For Business
  • Skype For Business
  • Exchange Online(メール)
  • SharePoint(社内ポータル)
  • Outlook Customer Manage
  • Bookings
  • Microsoft Publisher 最新版(Windowsのみ)
  • Yammer(社内ソーシャルネットワーク)
  • Staff hub(仕事の予約管理)
  • Sway(WEBプレゼン)
  • PowerApps(アプリ開発)
  • Planner(進捗管理)
  • Flow(ワークフロー)

価格の違い

Microsoft 365 Business(マイクロソフト365ビジネス)は、Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)よりも1年間あたり約5,000円程度高くなります。ビジネス向けのアプリが不要であれば365パーソナルで十分です。

なお、月額払いはマイクロソフトの公式サイトのみ契約可能となり、最安で購入できるAmazonや楽天では年間支払いのみ購入可能となります。

Microsoft 365 BusinessMicrosoft 365 Personal
ユーザー数1ユーザー1ユーザー
年額払い¥18,576(1年間)¥13,545(1年間)
月額払い¥1,490
パッケージ
イメージ
※価格は記事作成時となりますので、正確にはリンク先をご確認ください。

対象端末

Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)とMicrosoft 365 Business(マイクロソフト365ビジネス)は、どちらも様々なデバイスで利用することができます。

  • Windows
  • Mac
  • タブレット(iPad、Android、Windows、Fireタブレット)
  • スマートフォン(iPhone、Android)

システム要件

  • Windows 10, Windows 11
  • iOS
  • Android
  • Mac OS Monterey 12

対象のMac

  • MacBook Air(M1、2020)
  • MacBook Air(Retinaディスプレイ、13インチ、2020)
  • MacBook Air(Retinaディスプレイ、13インチ、2018 – 2019)
  • MacBook Air(13インチ、Early 2015 – 2017)
  • MacBook Air(11インチ、Early 2015)
  • MacBook Pro(13インチ、M1、2020)
  • MacBook Pro(13インチ、2020)
  • MacBook Pro(13インチ、2016 – 2019)
  • MacBook Pro(14インチ、2023)
  • MacBook Pro(14インチ、2021)
  • MacBook Pro(16インチ、2023)
  • MacBook Pro(16インチ、2021)
  • MacBook Pro(16インチ、2019)
  • MacBook Pro(15インチ、2016 – 2019)
  • MacBook(Retinaディスプレイ、12インチ、Early 2015 – 2017)
  • iMac(24インチ、M3、2023)
  • iMac(24インチ、M1、2021)
  • iMac(Retina 4K、21.5インチ、2019)
  • iMac(Retina 4Kディスプレイ、21.5インチ、2017)
  • iMac(Retina 4Kディスプレイ、21.5インチ、Late 2015)
  • iMac(Retina 5K、27インチ、2019 – 2020)
  • iMac(Retina 5Kディスプレイ、27インチ、2017)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac Studio(2022)
  • Mac mini(M1、2020)
  • Mac mini(2018)
  • Mac mini(Late 2014)
  • Mac Pro(2019)
  • Mac Pro(Late 2013)

まとめ

個人や家庭・中小企業向けのサブスク型Office「Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)」と「Microsoft 365 Business(マイクロソフト365ビジネス)」のどちらを選ぶかは、使いたいクラウドサービスと価格が影響します。

Officeの一般的なアプリに加えて、TeamsやSharePoint・Exchangeも利用するなら「Microsoft 365 Business Standard」がお買い得です。365 Businessのみ含まれるサービスが不要であれば、Microsoft 365 Personalが価格も安く機能も十分です。

Microsoft 365を利用することで、効率的な作業環境を整え、日常生活や仕事の生産性を向上させることができます。自分のニーズに合ったプランを選び、快適なデジタルライフを送りましょう。

家庭や個人・中小企業向けのMicrosoft 365 プラン

6ユーザーまで使える Microsoft 365 Family(マイクロソフト365ファミリー)

マイクロソフト
¥19,091 (2024/06/18 21:26時点 | Amazon調べ)

1人で使うなら Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)

ビジネスで使うならMicrosoft 365 Business(マイクロソフト365ビジネス)

買い切り版Officeなら

Microsoft Office Home & Business 2021は一回の買い切りで、定期的なサブスクリプションの料金は不要です。

Microsoft Office Home & Business 2021を買い切り最安で購入する方法

【買い切り版】Microsoft Office Home and Business 2021

WindowsやMacでWordやExcelだけでなく、PowerPointやOutlookなどを買い切りでダウンロードするには、Microsoft Office Home and Business 2021がお買い得です。

Microsoft Office Home & Business 2021(最新 永続版)|オンラインコード版|買い切り版

最安価格 \39,982

楽天の最安値


・Word 2021     ・Excel2021
・PowerPoint 2021  ・Outlook2021
・OneNote 2021

 対応OS:Windows/MacOS 
 永続版/2台まで利用可能

目次